逆算して生きる生き方のすすめ【願うだけでは何も変わりません】

福岡カフェ会代表の宇佐美です。

今日は、「逆算して生きる」という生き方についてお話しします。

というのも、先日、スピリチュアル好きな方が集まるスピカフェ会というのを開催したのですが、「強く願えば叶う」と思っている人がとても多かったんですよね。

そんなわけないですよね。ちゃんと行動に移さなければ一生叶うはずがありませんから。

そういった方に、この思考をぜひ身につけてほしいなと思い、このテーマにしました。

逆算して生きるとは?

「逆算して生きる」とは、それをするとどういう未来になるのかを考えて生きるいうことです。

たとえば、それを食べると、そこに住むと、その人と付き合うとどういう未来になるのかを逆算して生きるということです。

そのために、まずはどうなりたいか、どう生きたいかを定めていきます。

それによって、着るものや食べるもの、住む場所、行動、言動、人間関係など、全てが変わってきますので。

僕の場合、大学生の時にこれを設定しました。

それまでは、自分がどう生きたいか、どう生きるかよりも人からどう見られるかばかり意識していて生きていました。

でも、こんな人生に自分というものがありません。誰かの人生を歩んでいるに過ぎないということに気づきました。

そこで、自分の人生を生きることを決めて、他人軸ではなく自分軸で生きるように一つ一つの行動を具体的に設定していきました。

覚悟の差

そうはいってもそんなリスクとれません

と言う方がいます。

たしかに僕も生き方を変えるのは凄く怖かったです。

生き方を変えれる人と変えれない人の違いは何だと思いますか?

それは覚悟の差です。

では、覚悟とは何でしょうか?

絶対にこの人生を後悔しない、最高のモノにするという覚悟です。

そのためには、どのような行動や発言、考え方をすべきか、どこに住み、何を食べ、どんな人と付き合うべきかを逆算することです。

少し前の話になりますが、プロ野球選手のダルビッシュ有選手が興味深いお話をされてました。

「トレーニングをろくにしないせいで、大した選手になれず40代を迎え、そのことを激しく後悔し、神様にお願いして20歳若返らせてもらったという設定で20歳からは生きてる」

面白い考え方ですね!

ぜひ、皆さんも死ぬときに後悔しない人生を生きるために、人生を逆算してみることをオススメします。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

西日本最大級のカフェ会「福岡カフェ会」代表。ノマドなイベンター。福岡に癒しと出会いを創造すべく企画・運営を行いつつ、地域活性化のためのメディア運営やスタートアップの支援、プロデュースなどを行っている。北九州出身→早稲田大学卒。趣味はカフェ巡り、フットサル、カフェ会。