「リーンバルク」と「クリーンバルク」の違いは?どっちがオススメ?

先日、減量期が終わり、ジムに行ったらトレーナーさんから、

増量期はリーンバルクでやりますか?クリーンバルクでやるんですか?

と言われたんですが、正直同じものだと思っていたので、答えられなかったんですよね。

次回ちゃんと答えられるように、「リーンバルク」と「クリーンバルク」の違いについて調べてみました。

同じ悩みを持っている方の参考になれば嬉しいです。

参考になる動画を発見!

早速、ググってみると、参考になる動画を発見しました。

「これで解決ですね!」

と言いたいことですが、動画が見れない状況にある人のために、下にまとめてみました!

リーンバルクとは?

リーンバルクは、「なるべく脂肪を付けない食事をする方法」です。

一般的には、「メンテナンスカロリー(体重が増減しないカロリー)+500kcal以内」を維持して増量していきます。

リーンバルクは、摂取カロリーさえクリアすればジャンクフードなども食べてもいいので、ストレスはたまりにくいのが特徴です。

クリーンバルクとは?

クリーンバルクとは、「クリーンな食事(脂身の少ない肉、野菜、無加工の食品など)を摂取しますが、摂取量は自由である方法」になります。

要は、「カロリーは気にしないでいいけど、脂質の摂取だけ控える」ということです。

たとえば、クリーンな食事(鶏胸肉、ブロッコリー、白米など)であれば、 10000kcal摂ってもいいということです。

しかし、リーンバルクとの違いは、ジャンクフードが食べられないというデメリットもあります。

ちなみに、メンテナンスカロリーが3000kcalの人が、クリーンな食事で3300kcal摂る場合は、食事内容によってはリーンバルクとも、クリーンバルクとも言えるますので、一概には両者を区別できません。

ダーティーバルクとは?

筋肉も脂肪も両方一気に増やす方法。カロリーを気にせずに何でも食べていい方法です。トレーニング経験が浅い人や20代の人はダーティーバルクでも大丈夫です。しかし、トレーニング経験が長い人や30代以降の場合はオススメできません。なぜなら、減量すると、筋肉と脂肪の両方が一緒に落ちてしまうからです。

結局、どっちがいいの?

結局のところ、どちらがバルクアップにいいのかというと、

  • ゆっくりだけど、脂肪を付けずに筋肥大させたい場合…リーンバルク
  • 脂肪は多少つくけど、早く筋肥大させたい場合…クリーンバルク

ということになります。

リーンバルクは、クリーンバルクに比べて、体脂肪の蓄積率が1/4で済むそうです。一方で、クリーンバルクは、リーンバルクに比べて、筋肥大のスピードが2.6倍早いそうです。

個人的には、一刻も早く筋肥大させたいので、増量期はクリーンバルクをしようと思います^^