オンラインカフェ会(オンライン飲み会)

イベントの申込み率を劇的に上げる告知文の書き方

僕が主催するイベントになかなか申し込みが入りません。どうすればイベントの申し込み率を上げることができますか?

こういった疑問にお答えします。

この記事を書いている時点の僕は、イベント集客で2年間で8500人ほど動員することができましたので、ある程度信頼してもらって大丈夫だと思います。

1.緊急性を入れる

まず、1つ目の方法として、緊急性を入れる方法があります。

イベントをする際、告知文というものを必ず書くと思いますが、そこに緊急性を入れるというわけです。

ほとんどの人は告知文を書くときに、

〇月〇日19時から〇〇会を開催します。場所は〇〇です。ぜひ参加してください。

のように記載しています。

このイベントに参加したいと思いますか?

この文章には緊急性がないので、お客さんは行動を移そうとはなかなか思ってくれません。

仮にお客さんが申し込みしたいと思ったとしても、「明日でいいか」と思われてしまいます。

この文章に緊急性をつけていきます。

〇月〇日19時から〇〇会を開催します。場所は〇〇です。

お申し込みは本日の16時までに締め切りますので、「参加してみたい!」という人はぜひお申込みください。

とすれば、16時までという時間制限があり、緊急性が上がりますよね。

こうすることで、今すぐ行動する理由ができますので、申し込み率も確実にアップするというわけです。

2.限定性を入れる

2つ目の方法は、限定性を入れる方法です。

この限定性を先ほどの緊急性を追加した告知文に入れていきます。

〇月〇日19時から〇〇会を開催します。場所は〇〇です。

8名限定で残席2名です。増席はできませんので、「参加してみたい!」という人は本日の16時までにお申込みください。

こんな感じに限定性を入れていきます。

「残席2名」にすることで緊急性がアップします。

まとめ

  • 緊急性
  • 限定性

この2つを告知文に加えることで、申し込み率が劇的にアップしますので、集客で悩んでいる人はぜひ試してみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

西日本最大級のカフェ会「福岡カフェ会」代表。ノマドなイベンター。福岡に癒しと出会いを創造すべく企画・運営を行いつつ、地域活性化のためのメディア運営やスタートアップの支援、プロデュースなどを行っている。北九州出身→早稲田大学卒。趣味はカフェ巡り、フットサル、カフェ会。