オンラインカフェ会(オンライン飲み会)

恐怖や不安で行動できないときの対処法

不安で行動できないのですが、どうすれば行動できるようになりますか?

こういった疑問にお答えします。

不安なのは「前」だけ

これまで大学受験、資格試験、発表会、プレゼンなど色んな場面で不安な状況があったと思います。

考え見てほしいのですが、不安なのは「前」だけですよね。

たとえば、僕は学生時代サッカーを小学1年生から大学生までやっていました。

大事な試合の『前』は緊張で膝がガクガクしていました。

「負けたらサッカー人生終わりだ」
「全国大会出場チームに勝てるわけない」

ってネガティブな感情しか出てこないんです。

でも、いざ試合が始まると「怖い」と考えている暇はなくなります。もはやトランス状態なんです。

不思議なんですが、相手に勝つこと以外考えなくなるんですよね。

これは大人になってからも同じです。

たとえば、金融機関で訪問営業していたころは

  • 初めてインターホンを押すとき
  • 数億円単位のセールスをするとき

などもかなりブルブル震えていました。

でも、怖いのは『前』なんですよね。

いざやるとなったその瞬間から「怖い」なんて言って『考えてる暇』はなくなります。

バンジージャンプをやった経験がある人は感覚的にわかると思います。

飛ぶ前は「怖い」と思っていても飛び降りたら「怖い」とか「怖くない」とかそういう問題ではなくなりますよね。

『今』に集中するしかないんです。

恐怖は悪いものではない

そもそも、恐怖は悪いものではありません。

脳の扁桃体(へんとうたい)が、

危ないかもしれないよ~

と教えてくれているのが恐怖や不安という感情です。

もしこの「恐怖」の感情がなくなったら僕たちはすぐに死にます。

高層ビルから興味本位で飛び降りてみたり、道路に寝っ転がってみたりしてしまいます。

『恐怖』という感情は僕達を守ってくれる大切な味方なんです。

怖いと考えている「時間」が問題

なので、一番の問題は恐怖という感情ではなく、「怖い」と考えている『時間』があることなんです。

要するに、暇なんです。

恐怖、心配、不安、不満などなどは、時間があるからできる贅沢な感情なんです。

なので、もし恐怖や不安で動けないのなら「とりあえずGO!」です。笑

いやいや、怖いから動けないのに。。

と感じるかもしれませんが、とりあえずGOしたらやるしかないので、不安を感じる余裕もなくなります。

人間には自分を正当化する習性がある

人間には、自分の行動を正当化する習性があります。

つまり、自分がやったことは正しいことだったと思いたいわけなんです。

これを認知的不協和といいます。

認知的不協和

たとえば、タバコが良い例です。一般的に、タバコは体に悪いとされていますが、タバコを吸っている人ほど体には害がないと考えているんです。

タバコに害があると知りながら、タバコを吸うのは矛盾していて不愉快ですよね。この不愉快な気持ちを「認知的不協和」と呼びます。

人は、思いや行動に矛盾があると、心の中に不協和が生まれます。これは気持ちが悪いので、何とか不協和を下げようとするんです。つまり、タバコには害がないと思い込むわけなんです。

だからこそ、「とりあえずGO!」なんです。

GOしてしまえば、後はあなたの脳が

あなたは正しい

と正当化してくれます。笑

『行動する人』と『行動しない人』とでは、どちらが成長・成功すると思いますか?

もちろん、行動する人ですよね。

恐怖や不安を考えてる時間があったら、「とりあえずGO」してください。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

西日本最大級のカフェ会「福岡カフェ会」代表。ノマドなイベンター。福岡に癒しと出会いを創造すべく企画・運営を行いつつ、地域活性化のためのメディア運営やスタートアップの支援、プロデュースなどを行っている。北九州出身→早稲田大学卒。趣味はカフェ巡り、フットサル、カフェ会。