必ず第三の選択肢が存在する!?

福岡カフェ会代表の宇佐美です。

最近よく筋トレにはまってまして、よくジムに行くんですよね。

そこによくいる若いお兄さんから、

起業するべきか、会社に残るべきかで迷っているんですよね。どうすればいいと思います?

という相談を受けました。

福岡はスタートアップが盛んなのもあり、この質問めちゃくちゃ多いんです。

いつも疑問に思うのですが、なぜこの2択なんだろうと。

僕達は興味深いことに、何か考えるときに、 白か黒か、やるかやらないか、二択で考えがちですよね。

でも実際は、知らないだけで選択肢は無数にあります。

僕は、イベンターとして活動する前は、白か黒で物事を考えがちでしたが、イベンターとして年間5000人以上の方とお話しするようになって、白や黒以外の選択肢があることがわかりました。

つまり、必ず第三の選択肢があることに気がつきました。

第三の選択肢とは、白と黒の選択肢の両方ともがプラスになる選択肢のことです。

人生は「やる」か「やらない」の 二択ではありません。

「ちょっとだけやってみる」

という選択肢もあります。

ほんの少しがの小さな成功体験が積み重なって、 上手くいくこともあります。

ちなみに僕の場合は、諦めたり、妥協したりするのが嫌いなんですが、それでも第三の選択肢はいつも探しています。

少しでもやりたいと思ったのなら、やるかやらないかで考えるのではなく、中途半端な状態でもやってみた方が人生はこれまでよりもっと楽しくなると思いますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

西日本最大級のカフェ会「福岡カフェ会」代表。ノマドなイベンター。福岡に癒しと出会いを創造すべく企画・運営を行いつつ、地域活性化のためのメディア運営やスタートアップの支援、プロデュースなどを行っている。北九州出身→早稲田大学卒。趣味はカフェ巡り、フットサル、カフェ会。