緊急特別企画!コロナ対策!オンラインサロン始めました!

イベント集客でもサムネイルが大事!【YouTubeだけではありません】

YouTubeでは「サムネイルに命をかけろ!」なんてよく言われたりしますが、実は、イベント集客においてもサムネイルはかなり大事になります。

大手のイベント会社の中には、サムネイル(or アイキャッチ画像)をしっかり作りこんでいるところもありますが、個人でイベントをしている人の多くは、サムネイルの重要性に気づいていません。

補足

正確にはサムネイルとアイキャッチ画像は違いますが、この記事では同じものとみなします。

サムネイルとは?

そもそもサムネイルとは何かというと、YouTubeでよく言われるワードなんですが、YouTubeでいうと「動画の内容が一目でわかるような画像」です。

あなたのスマホでYouTubeのアプリを開くと、動画一覧がでてくると思いますが、そこに表示されている画像のことです。

ワードプレスでは「アイキャッチ画像」ともいいます。

参加者はサムネイルを見て判断する

イベント主催の場合、主催者はホームページやイベント告知サイトに告知文を掲載して集客します。

そのときに最低限必要になるのが、

  • タイトル
  • 募集文
  • サムネイル

この3つです。

重要性の順番をつけるなら、

  1. サムネイル
  2. タイトル
  3. 募集文

ですね。

YouTubeを見るときを思い出してほしいのですが、動画を見るかどうか決めるときに、最初にタイトルを確認することはほとんどないですよね。

基本的には、サムネイル→タイトルの順番で見ると思います。

つまり、サムネイルを見て一瞬で見るかどうかの判断をして、必要だったらタイトルをチェックするという行動を視聴者はしているわけなんです。

イベント集客でも同じことがいえます。

イベント告知サイトに自分のイベントを投稿すると、自分以外のイベントもたくさん載っています。その中から選んでもらうには、サムネイルで興味を引く必要があります。

どんなに素晴らしいイベントでもサムネイルがなかったり、興味をひかない画像だったりすると、募集文はおろかタイトルすら見られないこともあります。

サムネイルの画像はどこから?

サムネイルはどこから画像を持ってくればいいの?

と思われる方も多いと思います。

サムネイルでは、雰囲気や内容がパッと見てわかるようにすることが大事になります。

イベントを過去に開催経験がある人は、そのときの写真を使ったり、開催経験がない人の場合、無料の写真素材サイトがたくさんありますので、そちらを使ってみてください。

補足

僕がよく使っている無料写真素材サイト:PIXELS

 

僕はイベント開催経験が何百回とありますので、交流会のようなイベントを開催する場合、下のような画像を使います。

サムネイルに「文字」を入れる

YouTubeではサムネイルに文字が入っていることがあると思いますが、イベント集客では、写真だけでは雰囲気や内容が伝わらない場合は入れたほうがいいと思います。

たとえば、動物好きな人が集まるような会を企画したとします。

サムネイル用に無料素材のサイトから下のような可愛い犬の写真を拾ってきました。可愛いですよね(笑)この写真があるのとないのとでは全然違うと思います。

しかし、これだけでは何の会なのか一瞬でわからないので、文字を入れることにします。

こんな感じですかね。こうすることで一瞬で「動物好きな人が集まる会なんだな」ということがわかります。

【初心者編】画像に文字を入れる方法【スマホで簡単にできる】

まとめ

いかがでしたでしょうか?

サムネイルの重要性がわかっていただけましたか?

会の内容を作りこんだり、募集文を頑張って作るのも大事ですが、お客さんがイベント一覧を見たときに、「お、これは!参加してみたい!」と思ってもらう必要があります。

それを可能にしてくれるのがサムネイルです。

ぜひ、意識してみてください。


コロナに負けるな!緊急特別企画!
オンラインサロン「福サロ」

コロナでオンラインのスキルの重要性が日々増しています。そこで、在宅でオンラインのスキルや知識、ビジネスが学べるオンラインサロンを立ち上げました。


ABOUT US

アバター
西日本最大級のカフェ会「福岡カフェ会」代表。ノマドなイベンター。福岡に癒しと出会いを創造すべく企画・運営を行いつつ、地域活性化のためのメディア運営やスタートアップの支援、プロデュースなどを行っている。北九州出身→早稲田大学卒。趣味はカフェ巡り、フットサル、カフェ会。