話していて楽しい!また会いたい!と思われる人の3つの特徴【トーク力は関係ない】

話していて楽しい!また会いたい!と思われる人の3つの特徴、トーク力は関係ありません

こんにちは、福岡カフェ会代表の宇佐美です。

イベンターとしてこれまで6000人以上の方とお話してきましたが、その中に「話していて楽しいな」「また話してみたいな」と思う人の共通点があります。

何だと思いますか?

トーク力ですよね?自分は話し下手だからそういう人にはなれません。

と言う人がいますが、実はトーク力は関係ないんです。

たしかにトーク力はあったに越したことはありませんが、それよりも今回お話しする3つのスキルがなければ、トップ営業マン並みのトーク力があっても「また話したい!」とは思われません。

たとえば、どんなに話が上手でも、全然興味ない話を長時間も聞かされたら苦痛ですよね。

ということで、この記事では「この人、話していて楽しい!」「また次も話してみたいな」と思われる人の3つの特徴について書いていきたいと思います。

相手の話の深堀りが上手い

1つ目の特徴は、「相手の話の深堀りが上手い」ということです。

たとえば、会話の中で相手が、

私は読書が趣味で、先日、○○という本を読みました。

と言ってきたとします。

○○が聞いたこともない本で、「正直そんなに興味ないな~」という場合、あなたならどう答えますか?

深堀りができない人は、「へ~そうなんですね」で会話が終わってしまいます。

一方で深堀りが上手い人は、

深堀りが上手い人
へ~そうなんですね!そんな本あるんですね。どんな内容だったんですか?

というように、次の会話につなげるような問いを投げかけます。

続いて相手側から、

○○という内容で、とても感動しました

と返ってきました。

深堀りできない人は、「そうなんですね…」で終わります。笑

深堀りが上手い人は、

深堀りが上手い人
そうなんですね、面白そうですね!私は活字の本を読むのが苦手なんですけど、こんな自分でも読めますかね?何ページぐらいありますか?

と答えます。

要するに、深堀りが上手い人というのは、会話を質問で終わっているんですよね。

「そんなこと言われても質問が思いつきません」

という方もいると思いますので、会話を広げるためのコツをお教えします。

それは、「頭の中で連想ゲームをする」という方法です。

先ほどの「本」を例にしますと、本から連想されるのは、

  • どういう内容なのか?
  • 読みやすいか?
  • 何ページあるのか?
  • フィクションか、ノンフィクションか?
  • いくらなのか?
  • どこに売っているか?

最低限、このぐらいは連想できると思います。これで沈黙は避けられますし、相手が聞いてほしい質問が出来れば、「この人と話して楽しい!」と思ってもらえます。

ちなみに僕は、「頭の中でマインドマップを作る」という方法を使っています。

マインドマップとは、トニー・ブザンさんという方が提唱した思考・発想法の一つで、自分の考えを絵で整理する方法です。

こんな感じです↓

マインドマップを作る方法

マインドマップで参考になる本を貼っておきますね。

「相づち」や「うなづき方」が上手い

2つ目の特徴は、「『相づち』や『うなづき方』が上手い」ということです。

よく使われる相槌には、「そうですか」「なるほど」「へー」などがありますが、これだけでは不十分です。相手側は話していて楽しいと思ってくれません。

有名な相づちに、相づちの「さしすせそ」というものがあります。

「この人と話して楽しいな~」と感じる人のほとんどが使っている相づちです。

それは、

  • …「さすがですね!」
  • …「知りませんでした!」
  • …「すごいですね!」「素敵ですね!」
  • …「センスがいいですね!」
  • …「そうなんですね!」

 この5つです。

相づちが上手い人
そうなんですね、知りませんでした!勉強になります。もっと教えてください!

って言われると相手は優位に立っている感覚になるので、「この人は話しやすい」「もっと話したい!」と感じてくれます。

また、うなづき方も会話においてとても大事な役割を担っています。

たとえば、小刻みにうなづくと、深い共感を示すことができますし、深くうなづくと理解していることを示すことができます。

ただ、相手の話をうなづいて聞いているだけでも、相手側は「この人、話しやすい!」となりますので、できてない方はぜひやってみてください!

自分の話が少ない

3つ目の特徴は、「自分の話が少ない」ということです。

話しやすいと感じる人をよく観察していると、自分の話が非常に少ないんですよね。相手に話させるのが上手いんです。聞き上手なんです。

一方で、「この人、話しにくい」と感じる人は、自分の話が非常に多いのです。

相手が話をしているときでも、

「そうですね、私の場合は…」
「いや、でも僕は…」

というように、最後まで聞かずに自分の話題を持ち込もうとします。皆さんのお友達にもこういう人いませんか?笑

自分の話ばかりしてしまう人は、他人にあまり興味がないんですよね。

相手が話しているときでも、自分に意識が向いてしまっているため、次に何を話そうか考えているのです。

なので、相手の話をさえぎってしまい、会話のキャッチボールがうまくいかないということが起きてしまうわけなんです。

話しやすい人というのは、相手の話を100%聞いて、質問されたときに自分の話をします。

「あ、私、最後まで話聞いてないかも」と思った方は、相手の話を最後まで100%聞いてみてください。それだけでも「この人、話しやすい!」と思ってもらえますので^^

まとめ

いかがでしたか?

「この人とまた会いたい!」「この人話しやすい!」という人の特徴を3つ挙げました。

  • 相手の話の深堀りが上手い
  • 「相づち」や「うなづき方」が上手い
  • 自分の話が少ない

この3つです。

トーク力は、意外にもプラスαのスキルなんです。絶対に必要というわけではありません。

人見知りの方でも、今日お話したことを意識すれば、おしゃべりな人よりも「また会いたい!」と思われる人になれますので、ぜひ試してみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

九州最大級のカフェ会「福岡カフェ会」代表。ノマドなイベンター。福岡の癒しと出会いを創造すべく企画・運営を行いつつ、地域活性化のためのメディア運営やスタートアップの支援、プロデュースなどを行っている。北九州出身→早稲田大学卒。趣味はカフェ巡り、フットサル、カフェ会。